ドラム/ギター/ベース/シンセ/ピアノ/オーケストラ音源や、ヒップホップ/テクノ/トランス/ハウス系サウンド素材、初音ミクなど、
"音で発想するチーム" クリプトン・フューチャー・メディア(株)が、DTM最新情報をお届けするブログです。

[VOCALOID2情報] 「Project if...」についての余談と、講演に関するお詫び

2009年10月28日 20:07 - watwat

vocaloid2%40crypton.gif

VOCALOID2 「Project if...」のデモサンプルをYOUTUBEにアップロードして、ちょっと気が緩んだのかダウンしてしまいました。watです。(本当は日ごろお世話になっているニコニコ動画さまにこそアップロードすべきなのですが・・・スイマセン)

今回は、「Project if...」についての余談と、講演に関するお詫びをさせて頂ければと思います。


■「Project if...」について

まず、「Project if...」について。こちら諸事情により、急な新プロジェクト発表&デモサンプル公開とさせて頂き、混乱を招いてしまった部分があり、申し訳ありませんでした。(&諸事情についてはお話できないのです・・・スイマセン)

こちらの企画立案は今年に入ってから春先でしたでしょうか。

まず「ねんどろいど初音ミク」などでお世話になっております、グッドスマイルカンパニーさんが、(元々、芸能事務所系のお仕事をされていたことも有り)現在もWHOOPEEという事務所さんをお持ちであることを知った所からはじまります。

CIMG0741.jpg

我々は当時CVシリーズが一段落した所でして、声優さん以外で、様々な年齢と経歴をお持ちの歌手/役者さんなど、声のお仕事をされている方々に改めて興味を持っていたところでした。

ただ、新規に芸能事務所さまに営業を掛けるのも難しい部分があるので、既にVOCALOIDについてお詳しかったWHOOPEEさんのコネクションから、VOCALOID収録という特殊な録音作業についてお引き受け頂ける芸能事務所さんを探し、ここ半年で6名の方についてテスト録音を行わせて頂いた。。。という経緯です。

その6名の中で、最初に録音され、そして最もVOCALOIDに対する適応性が高かったのが、VOCALOID2 「Project if...」のデモサンプルのリードボーカルの彼女です。もう圧倒的な適合性の高さ。彼女の収録が、子供VOCALOIDが本格化したキッカケです。

ここに至るまで、たしかに収録スクリプト(読み上げ文章)のチューンナップや、収録方法の工夫をしていた事もあったのですが、、、とにかく彼女の適応性は高く、雑念の少ない素晴らしい集中力で、すんなりとVOCALOIDが出来ました。

CIMG0160.jpg

・・・その後、この子供VOCALOIDについての、さまざまな要因(子供である事などの要素)や、この音声とVOCALOIDエンジンの因果関係の検証、事務所様方への相談や、各種打ち合わせを経て現在に至ります。

今日ここまで、とても時間の流れはとても早かったように思えます。。。。


正直、今も自分にはこのVOCALOIDについて捕らえきれていない部分があるのですが、今後の制作に、この貴重な経験(録音時の環境)、音声データーを生かしフィードバックしなければならないと強く感じております。(現に初音ミクAppendはそういう要素があります)

・・・逆に少しネガティブなことを書かせてもらいますと、VOACLOIDは「人をキャプチャー素材とした人の形をした人以外のもの=人形の一種」という考え方が出来ると思います(私個人にも半ば強迫観念としてそういう気持ちがあります)。

この子供をモチーフとしたVOCALOID。これも初音ミク等同様、人々の注目の中にある、人の匂いのするモノの性として、様々な解釈、意味付け、理由付けをされた作品が作られる事になると思います。場合と内容によっては、深い議論があるかもしれません。


この歌うソフトウェアは、考えるに、今、「最も子供に近い声で歌える、子供ではない何か」です。子供とは(少なくなってしまった)未来の象徴であり、もう一段介して、作られた声(演じられた声)である初音ミクよりもより、生生しい未来そのものです。また同時に、上記のように弊社のVOCALOID開発としても様々な事を気づかされ、思い直させられた大きなターニングポイントでもあります。。。少なくとも売れる売れない以上の大きな意味があります。

結局、私は世に出すための決断をしました。今回の決断は自分の人生の「if...」となるかも知れません。(他にも高校生の頃に大好きだった、斜め上のサプライズストーリーの有るゲームのタイトルが「(真・女神転生)if...」だったりもするのですが)

また、私の人生なんてもの自体、サンプリングミュージック(コラージュ〜ヒップホップ〜音響)マニアである事なんて、おおよそ社会的に役に立たない理由でこの会社に雇ってもらって、VOCALOIDの担当なんてなろうと思ってなるもんじゃない仕事につき、何の因果か「初音ミク」をリリースし、皆さんの多大な助力で、今、ご飯を食べている訳で。

いまある状況を最大限公開しつつ、「音の意味と、サンプリング合成技術、そして時間に裁かれる」のを待つのが良いのかなと思っています。。。

・・・と、しみじみしてしまいました。昨日の公開まで凄く悶々としていたので何時もより変わった事を言っているかも知れませんがご了承下さい。兎に角、こんな風に考えて今も試行錯誤しています・・・というエントリーだと思っていただければと。


少々湿っぽくなってしまいましたが、下記、今後の展開について・・・


・「Project if...」についての特設サイト設置準備/11月上旬見込み(最初はティザーサイトっぽくなる予定)

・「Project if...」についてのTwitterでの情報開示開始/近日(裏話的な少し軽めのニュアンスも足せればと)

・男声VOCALOIDのデモソングの準備/年末年始に間に合えば

あと、若干、遅れが生じております「初音ミクAppend」について何とか年内に"皆様"に触れていただく機会を作るための準備(かなり調整中です)

以上に関しましては、状況が定まり次第別途エントリーにてお伝えさせていただく予定です。宜しくお願いいたします。



■講演に関するお詫び

先週の土曜日に拓殖大学文京キャンパスで行われた、講演に関しまして一部誤解を招く言い回しがあった事をお詫び申し上げます。こちらの中で、関連企業様とのタイアップや商品企画などをご紹介させていただいたのですが、その際、SuperGTにおける初音ミクの痛車企画について、音楽製作ソフトとしての初音ミクから広がった先の特殊な派生展開としてご紹介いたしました。それが一部、本講演に来ていただいた方のレポートなどで、痛車企画そのものを否定するような表現があったようにご指摘を受けております。結果的に誤解の有る表現・解釈に至ってしまったこと、関係者様、ファンの方々に不快な思いをさせてしまった事について深くお詫びさせて頂きます。

誠に申し訳ありませんでした。以後、気をつけたいと思います。

関連記事
コメント一覧

デモ感動しました! 期待してます。

初音ミクAppendは完成度重視で是非じっくり作りこんでください。
あと、もし可能ならリンレンのACT1をミクAppendにオマケとして搭載することは出来ないでしょうか?
リンレンのACT1は確かに使いにくいDBでしたが、声質に独特の魅力があり、あえてACT1を使っている人が今でも数多くいます。
現在ACT1は通常ルートでは入手不可能なため、オークションで定価を遥かに上回る法外な値段がついている状態です。このような状態を解消するためにも、何らかの形でACT1を再リリースできないでしょうか?
音源の魅力は単にスペックだけで図れるものではないですから、この世界に後から入ってきた人たちのためにも是非ご検討をいただけたらと思います。

うーん・・・
ボカロとしての適合性とか
商売としての可能性とか
そういう話は横に置いて
何かボカロ、そのユーザー、聞き手に
対する「世間」の偏見を
助長するような気がする。

拓殖大学の講演はいけなかったため,ネットでのレポートを読ませていただきました。

クリプトン自社から見ればDTM市場は足場ですから、足場をしっかり確保して、軸を振れさせないために極めて慎重的言葉選んでから発言したwatさんに、ミクを世に送り出した責任感の重さを感じさせる。

痛車レースのことより、「あん時断っておけば良かった」「DTMerに愛想を尽かされるとこもなかったのに」をいつも悩んでいる方が印象的でした。ずっと真剣そのものでVOCALOIDと,DTMとデジタル音楽全体を考えていた watさんに尊敬します。

支持します。どうか、元気出してください。

人間工学の音版のような音質を目指してる身としてとても共感できます。
どうか健康にも気をつけて。

思えば初音ミクの現象がなかったら、
ここまでVOCALOIDが注目される事はなかったかも知れません。
watさんのいろいろな試みも、今より心労することなく出来たかも…。
でも、初音ミクが発売されなかったら、あの現象が起きなかったら、今のような開発環境が得られただろうかと考えると、心中複雑ですね。

病は気からとも申しますが、身体だけはお大事に。

『if』
もしも・・・。
もしも、初音ミクが世に出ていなかったら、私の趣味や私生活も全然別のものになっていたかも知れません。
私の中ではそう言う意味合いも浮かんできます。

”バンドサウンドにヴォーカロイド”という
感じの曲を作っております。
シャウトさせられるヴォーカロイドを渇望しております。
ルカが「日本語」と「英語」を使いわける感じで、
「ウィスパー」と「シャウト」を使いわけられるようなものだと最高です。
”ヴォーカロイドでグランジ”が出来る日を
心待ちにしております。

皆さんコメントありがとうございます。watです。

>>デモ感動しました! 期待してます。
>>初音ミクAppendは完成度重視で是非じっくり作りこんでください。
ご意見、ご配慮有難う御座います。
初音ミクAppendに関しましては、製品に先行して、一部をDTMマガジンさんにDEMOとして付けられないか等、検討中です。
ただ、DEMO版なのでVSQのセーブが出来ず、逆にユーザー様方にストレスを与えてしまうようでは問題かと思いますので最後の最後で悩んでます。。。
ちなみに想定できるミクAppend Darkのベタ打ちの現状は、こんな感じです。
http://blog.crypton.co.jp/mp/upload/2009/10/091028_ballade.mp3
http://blog.crypton.co.jp/mp/upload/2009/10/091028_pops.mp3

>>リンレンのACT1の件
こちらは仮に付けるとしても、CV02に因んだ商品への付属と成らざる終えないと考えております。その辺り、ACT1の代わりとなるようなDBであるとかアイディアの可能性を精査していきたいと思います。(VOCALOID3〜というのも有りますしね・・・)


>>何かボカロ、そのユーザー、聞き手に対する「世間」の偏見を助長するような気がする。
ご意見有難う御座います。何をして世間とするかは難しいところだと思います。また私自身も凄く考える事の多い題材でもあります。
一つの、可愛らしいキャラクターを高い自由度で多くの人がモチーフとして手を入れて楽しむ。それが世間からどう見えるか・・・正直、色々な目があると思います。例えば、私も初音ミクのジェンダーファクターを操作して(凄い日本言葉だ・・・)幼い女の子に見立てたネタ系動画も見た事がありますが、それを見る世間の目を如何にして捕らえるかも、色々な立場の人、一人一人が考えるところあるでしょうし、世間の目も外的要因による印象操作などされていない場合は、WEB検索などを通じてこのソフトの背景を総体的に知る事が出来る可能性も大いにありますし、見る目の傾向は有るとしても色々なニュアンスを持たれる事でしょう。答えは難しいですし判断する立場でも無いのかも知れません。
自分の出来る事として、色々思い悩みながら、本製品の、リリースまでのバランスに関してはこちらで調整させていただき、皆様に上手くバトンタッチできる事を期待しております。宜しくお願いいたします。


>>拓殖大学の講演はいけなかったため,ネットでのレポートを読ませていただきました。
クリプトン自社から見ればDTM市場は足場ですから、足場をしっかり確保して、軸を振れさせないために極めて慎重的言葉選んでから発言したwatさんに、ミクを世に送り出した責任感の重さを感じさせる。
痛車レースのことより、「あん時断っておけば良かった」「DTMerに愛想を尽かされるとこもなかったのに」をいつも悩んでいる方が印象的でした。ずっと真剣そのものでVOCALOIDと,DTMとデジタル音楽全体を考えていた watさんに尊敬します。
>>支持します。どうか、元気出してください。
レポートを拝読いただきまして有難う御座います。またご心配をお掛けして申し訳ありません。
考え込むのは癖ですし、本件は悩むべき事としても認識してしまっているので・・・こんな感じでスイマセン。
色々な捕らえ方、ご意見があるのは承知の上で、新しい子供の歌を作る才能のある方、子供の声を活かして新鮮な楽曲の見せ方を模索される作曲家の方(ヤン富田氏の様に/http://www.youtube.com/watch?v=5rfUUYPc14w)、トラックメーカーの方(Villalobos - Enfantsの様に/http://www.youtube.com/watch?v=1FMl8QlB19w&feature=related)に使って頂きたい。大福Pさんのトラックとか、ハイネケンPさんの曲とか・・・ヤキイモPさんの子供向きの歌とか・・・(他、沢山Pの方の例も挙げられるのですが割愛させて頂くとして)、、、
今の自分がいる会社のそもそもを思い出して「新しいツールにリスクがありますよ。ただ真剣に考えて頑張りますよ。」なんて言ってしまえばシンプルで悩む事も少ないかもしれません。精進しますね。


>>人間工学の音版のような音質を目指してる身としてとても共感できます。
>>どうか健康にも気をつけて。
ありがとうございます。専門の方に共感いただいて大変有り難いです。


>>思えば初音ミクの現象がなかったら、
>>ここまでVOCALOIDが注目される事はなかったかも知れません。
>>watさんのいろいろな試みも、今より心労することなく出来たかも…。
>>でも、初音ミクが発売されなかったら、あの現象が起きなかったら、今のような開発環境が得られただろうかと考えると、心中複雑ですね。
>>病は気からとも申しますが、身体だけはお大事に。
ありがとうございます。本当にこういう仕事をさせて頂けることはありがたいと思っております。

>>『if』
>>もしも・・・。
>>もしも、初音ミクが世に出ていなかったら、私の趣味や私生活も全然別のものになっていたかも知れません。
>>私の中ではそう言う意味合いも浮かんできます。
初音ミクをありがたく思ってくれている方々の気持ちを、壊したくは無いし、裏切りたくもないし、ただジワジワと風化や疲労に晒したくも無い。初音ミクをリリースし新作VOCALOIDもリリースしなければならない立場として、色々有って次作にこんなようなVOCALOIDを作らせて頂きました。という事ですね。どうか皆様宜しくお願いいたします。


>>”バンドサウンドにヴォーカロイド”という感じの曲を作っております。
>>シャウトさせられるヴォーカロイドを渇望しております。
>>ルカが「日本語」と「英語」を使いわける感じで、
>>「ウィスパー」と「シャウト」を使いわけられるようなものだと最高です。
>>”ヴォーカロイドでグランジ”が出来る日を心待ちにしております。
コメント有難う御座います。パワフルなミクはリンに近い印象になりやすく(疲)。ただ確かにルカは可能性があるかもしれませんね。ご意見参考に考えたいと思います。

>>リンレンACT1の件
販売する側の立場としていろいろな葛藤があるのでしょうね。
ですが、音楽の自由度を高めるものとして、残しておいてほしいと思います。
DTMの魅力として、実際の楽器では作り出せない音を作れるということがありますから、ACT1も将来の可能性につながるかもしれませんし。
こんなことを言っておきながら、私自身はいまだVOCALOIDを持っておらず。買いますよ、ええ。いつか必ずかいますよ!

>初音ミクAppendに関しましては、製品に先行して、一部をDTMマガジンさんにDEMOとして付けられないか等、検討中です。

<β版>断りを入れたとしても、完成していないDBでDEMO版を出せばそれが製品とイコールとして認識されてしまいます。
それは「期待している品質ではない」と誤解を生み
当然、セールスまで影響を与えるものです。
デモは曲として出来ている状態で出すべきだと思います

コメントありがとうございます。

>>リンレンACT1の件
ご意見有難う御座います。こちらは色々な見方ができ、また改めてACT1の良さを凝縮するような処理についても、以前とは全く違う方法で可能かと考えております。こちら何にしろ動くとすればACT1を支持するPの方などからランダムにご意見をサンプリングするなどして考えたいと思っております(本件に関しては特にそうするつもりです)。宜しくお願いいたします。

>><β版>断りを入れたとしても、完成していないDBでDEMO版を出せばそれが製品とイコール
ご意見ありがとうございます。こちら実行させていただくにしても懸念されている事が無い様に心がけたいと思います。

他、講演の件などに関するお問い合わせが若干ございますが、そちら公開コメントで返す事が難しい内容(文字数など)の為、お手数ですが「mpsupport@crypton.co.jp」までお問い合わせ頂けますでしょうか。宜しくお願いいたします。

ひとつ気になったんですが、初音ミクはDTMerに愛想を尽かされたんですか?

 確かにミクのようにアニメっぽいパッケージが原因で離れた人もいるだろうけど、ミクがいなかったらDTMの存在を身近に感じる事がなかった人も大勢いると思いますよ。
 それから、例の新男性VOCALOIDはKAITOやがくっぽいどとは違った声質や個性のVOCALOIDであってほしいと思っています。できれば低音の声が欲しいところです。そしていつの日かMEIKOとKAITOのリメイクを…!

初音ミクAppend期待しています!頑張ってください。あと、ちょっと気になったのですが、リンレンACT1のかわりになるような〜(VOCALOID3〜というのも有りますしね、、)と言う事VOCALOID3でリンレンの変わりになるボーカロイドを作るという事ですか?(理解力がなくてすいません、、。)リンレンユーザーとしては鏡音リンレンをさらに強化したものを再リリースを期待しています。新しいのをどんどんだしていくというより今のボーカロイドをリメイク、強化していくとい事はできませんか?(ボーカロイドの発展という事もありますが)新しいボーカロイドに今のボーカロイドが埋もれて行くという事はユーザー又はファンにとってとても悲しいので是非ご検討をお願いします。
大変かと思いますがこれからもがんばってください応援しております。(長文失礼しました、、。)

皆様、コメント有難う御座います。ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。

>>ひとつ気になったんですが、初音ミクはDTMerに愛想を尽かされたんですか?
「愛想を尽かされた」という表現に当てはまる訳ではないと思います。ただ、初音ミクの名前が大きなうねりとなったので、声の大きい要素を含め、様々なご意見があり真摯に受け止めさせていただいております。


>>確かにミクのようにアニメっぽいパッケージが原因で離れた人もいるだろうけど、ミクがいなかったらDTMの存在を身近に感じる事がなかった人も大勢いると思いますよ。
そう言って頂けると大変助かります。。。新しい音楽ジャンルに触れるきっかけ、自分にあう詩や曲と出会うきっかけとして初音ミクというキーを通して何か音楽が身近になった部分があれば、初音ミクに関わった身として嬉しいです。


>>それから、例の新男性VOCALOIDはKAITOやがくっぽいどとは違った声質や個性のVOCALOIDであってほしいと思っています。できれば低音の声が欲しいところです。そしていつの日かMEIKOとKAITOのリメイクを…!
こちらご意見有難う御座います。キャラクターや声のバランスを考えながら、参考とさせて頂きます。


>>初音ミクAppend期待しています!頑張ってください。
ありがとうござます。頑張ります。


>>リンレンACT1のかわりになるような〜(VOCALOID3〜というのも有りますしね、、)と言う事VOCALOID3でリンレンの変わりになるボーカロイドを作るという事ですか?(理解力がなくてすいません、、。)リンレンユーザーとしては鏡音リンレンをさらに強化したものを再リリースを期待しています。新しいのをどんどんだしていくというより今のボーカロイドをリメイク、強化していくとい事はできませんか?
我々の考え方としては、既存の商品についてもより良い形でリメイクや、データベース追加などを行って行ければと考えております。また新しいキャラクターをドンドン増やすというのはバランス的な事を考えても難しかったり、既存のファンの方々を悩ませる事もありえますので、慎重に、また打ち出し方の差別化を考えて行ければと思います。


※実はもう一つコメントを頂いているのですが、一部違法コンテンツに関するご指摘があったため、非公開とさせて頂きました。
他の内容は有意義なご提案などが含まれておりましたため申し訳なく思っております。子供達のためになる子供VOCALOIDの有り方について色々と考えたいと思います。

コメントを書く
投稿者情報を記憶する
(スタイル用のHTMLタグを使えます)
この記事のトラックバックURL

http://blog.crypton.co.jp/mt/mt-tb.cgi/4256

2009年10月30日 17:23from DAWワールド

[VOCALOID2情報] 「Project if...」についての余談と、講演に関するお詫び:メディアファージ事業部 ブログ 続きを読む >>

ARCHIVE